知られざるゴルフ場を発掘する旅 (第一回)・ガーンタラット

更新日:2020年8月10日

バンコクの普通の日系ゴルフ予約業者が取り上げないような知られざるローカルゴルフ場の旅の第一回。


今日はタイ語のゴルフ関係サイトを見ていたら気になる名称が...。


สนามกอล์ฟกานตรัตน์ (สนามงู)

蛇のゴルフ場?


調べてみたらドンムアン空港の滑走路のど真ん中にあるゴルフ場「ガーンタラット・ゴルフコース」というところでした。


いい感じのウェブサイトがあったので、早速拝見。


コースシンボルの蛇です。イカす。


Royal Thai Air Force Golf Course とあります。グッと来ます。






沿革

1952年に始まり、1956年にタウィーチュララサプ少将が王立空軍の参謀本部長として「空軍ゴルフコース」という名称で再開し、9ホールをプレーできます。


そして、1957-1957年の間に、ブンチュチャンタルベクサ将軍が18ホールに達するまでさらに9ホールを建設し、その後、カモンテチャチュンクン准将がさらに9ホールを建設しました。


南側は合計27ホールで、1966年11月11日に「スネークフィールド」という名前でプレーでき、1972年には9ホールを追加して合計36ホールを建設しました。


その後、1976年に民間航空(当時)には民間航空機のエプロンを作るためのエリアが必要になりました。ポジションを保持しているパナン・カンタラット大将航空係長北の穴をキャンセルそしてゴルフコースを340ライのエリアの18ホールに変更し、名前を使用します「カンターラトゴルフコース」1980年から現在まで...

(Google翻訳ですいません汗)




利用者のみなさんの声

日本人の方もチャレンジしに行っているようで、ネット上にはクチコミが書かれていました。


2本の滑走路に挟まれたコースです。空港利用された方には見覚えあるかと思います。飛行機の離発着の〜騒音は有りますが飛行機好きにはたまりまセブンですね。価格もそれなりにお安いです。


ドンムアン空港、2本の滑走路の間に位置するゴルフ場。プレイしたコースの印象は「The 河川敷」。起伏はなくコースもまっすぐ。


予約は直接ゴルフ場に電話して取るが、比較的取りやすいものの基本タイ語で会話要。また、パスポートの持参が必要。支払い時に求められることあり。


空港の中に有り、クラブハウスも新しくなり、コースも綺麗で平日、カート、キャディ、グリーフィ入れて1200bは、安いです。行けるなら行く価値有りですね。


コースはストレートばっかりで比較的やさしい。ドンムアン空港の滑走路に挟まれていて絶え間なく飛行機の離着陸がある。飛行機好きには最高。


などなど、みなさんのワクワク感が伝わってきます。




さてさて料金は?


グリーンフィー

  • 平日 500 バーツ

  • 週末 800 バーツ

キャディーフィー

  • 350 バーツ

カート(強制ではないようです)

  • 500 バーツ



ということで

ドンムアン空港の真っ只中にある空軍所属のゴルフ場「ガーンタラット・ゴルフコース」の紹介でした!一般にも開放してくれているなんてありがたいです。機会があれば行ってみたいですね~!




Kantarat Golf Course

(Royal Thai Air Force Golf Course)


電話:02-534-3842


閲覧数:65回0件のコメント