パタヤへ行くもっとも単純な方法

更新日:2020年7月18日

今日はチョチョイのチョイとパタヤに行ってまいりました。



エカマイ・バスターミナル


5:30ごろにエカマイ・バスターミナルに到着。



さっさと入口角の「Pattaya」と書いてある窓口でチケットを買います。

119バーツです(安っ)。これでパタヤ北バスターミナルまで行けます。



バンコク始発は6:00。最終は20:00。

けっこう遅い時間まで出てるんですね。



乗り場は1番です。

分かりやすか~。



車掌さんに「座席はどこ?」と訊いて「アップトゥーユー」と英語で言われたので「I'm not Japanese」と返しておきました。

ちなみに車内でのソシアル・ディスタンスは解除されていましたが、そもそも平日の始発なのでガラガラでした。



「バンコク&パタヤ」、このシンプルで力強い組み合わせ。

それでは出発です。



あとはひたすら座席で外の景色を眺めます。

バンナートラートの雲と月。



ルートについて


今回バスが走ったルートは


エカマイ >

> バンナー(高速)終点まで >

> モーターウェイ >

> モーターウェイをレムチャバンへ曲がって降りる >

> 一般道でパタヤ北バスターミナルまで


そうして到着したのが8:40ごろ。2時間40分かかりました。


途中バンナーで出勤渋滞にハマったり、バンラムンでもノロノロしながら、来たのでこんなものでしょうか。余裕見て所要時間3時間は見ておいたほうが良いと思います。


久しぶりや~、パタヤ北。

変わっとらんのぅ。



さっそくバンコクへの戻り便のチェック。119バーツで同価格。

パタヤ始発は5:00 最終は20:00。


さてここからは…

乗り合い(ソンテオ・他に客が揃っていれば20バーツ?)、またはモタサイ50~100バーツでパタヤのビーチロードまで行くことが出来ます。



そんなこんなで合計200バーツしないで、バンコクからパタヤまで行きましたよ、ってお話でした。

お疲れさまでした!


以上、バンコクから身一つで気楽にパタヤに行く方法でした。


お客様のみなさまにおきましては大勢で運転手付きレンタカーをお借りいただいて、車中ビールでも飲みながらワイワイとお出かけください。


 


閲覧数:19回0件のコメント