デリバリーがお安くなりますね

バンコク ゴルフ予約 タイ観光ドットコムです。


コロナ禍で、中々外食も難しくなってきているので、デリバリーを頼むことも

多くなっています。


通常、グラブなどは、飲食店よりコミッションを取ってサービスを展開しているのですが、35%や40%など、飲食店の粗利を圧迫しているという問題があります。


飲食店にとっては、来店が一番なんでしょうけどね。飲み物も注文入るし。


さすがに、デリバリー業者がもうけすぎと政府も気づいたのか、デリバリー手数料を25%などに割引するように動いた用です。


使う物にとっても飲食店にとっても、とても良い事ですね。


オンライン料理宅配で新たな割引キャンペーン=商務省-タイ(2021/05/30-17:26)

 29日付のタイ英字紙バンコク・ポスト(経済1面)によると、タイ商務省は28日、新型コロナウイルス流行の打撃を受けた消費者やレストラン、食品店を支援する目的で、28日から料理や食品のオンライン宅配で新たな割引キャンペーンを開始すると発表した。

 ジュリン商務相はキャンペーンについて、フードパンダ、グラブ、ラインマン、ゴジェック、ロビンフッドのオンライン料理宅配プラットフォーム5社が配達する食品価格を60%割り引くと説明。また、現在30~35%の手数料(粗利益の配分シェア=GP)を25%に引き下げることでも合意したという。レストランや食品店に対するGPの引き下げはバンコク首都圏で6月第1週から1カ月継続。一方、食品価格の割引は同期間全国の消費者に適用する。

 また、タイ大手サイアム・コマーシャル銀行(SCB)傘下のロビンフッドはGPを徴収せず、フードパンダも新規参加のレストランや食品店にはGPを課さないという。さらにロビンフッド、フードパンダ、グラブ、ゴジェックの4社は消費者に対し、配達距離3~5キロについて配達料を免除する。

 ジュリン商務相によると、オンライン料理宅配運営会社は割引キャンペーンに参加することで、合計2億5000万~3億5000万バーツの収入を失う見込みという。(時事)

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

バンコク ゴルフ 予約 タイ観光ドットコムです。 現在、日本では大型台風で自衛隊出動など大変な事になっています。 実は、タイでも29日当たりに、大型台風【ルノー】が上陸予定となっています。 バンコクというより、東北と、北部に大きな影響が出ると言われていますが、 タイでは排水設備が脆弱なので、一度、雨が降ると膝まで浸水なんてのは普通です。 恐らく、今回の余波でバンコクなども雨が降り洪水になる可能性も