タイでの生活、月5万円は可能なのか?に在住20年の私がお応え

日本のメディアやSNSで度々論争されるのが、タイ、バンコクで月5万円で生活できるのか?という話です。


もし、可能であれば、タイでのノマド生活やアーリーリタイヤしたいんだけどという相談をよく受けます。





結論からいうと、可能です。ただし、おすすめしますか?と言われるとしません。


私がタイ、バンコクに来た際、最初に就職した会社は、ものすごい給与も少なく、ビザも近隣諸国へのビザランをするというブラック企業でした。当時は、日系企業も今より少なく、言語も出来なかったので、しょうがなかったのです。


その当時を思い出すと、以下のような予算で生活していました。



家賃 2500バーツ

水道光熱費 1000バーツ

通信費 500バーツ

交通費 1000バーツ

食事 5000バーツ

日用品 2000バーツ

夜遊び 5000バーツ


合計 17000バーツ 約 6万円


私はこんな感じで生活していました。ちなみに当日の給与は25000バーツというタイ人並みの給与でした。


ただし、このような生活は1年ももたずでしたね。

すぐにもう少しマシな会社が見つかって引っ越しました。


夜遊びを削れば、5万円生活も可能なんでしょうけど、では、夜何をするんだという話になります。


5万円で生活できるかと言われれば出来ますが、自由もありませんし、医療費も必要ですし、日本食も食べたくなるでしょうし、そこまでして、タイで生活する必要は感じません。


そう考えると、やはり最低でも10万円くらいはみておいたほうが無難と思います。


ゴルフを楽しむような方であれば、15-20万円くらいがいいのではと思いますね。





閲覧数:35回0件のコメント